根岸S2017年の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

根岸Sの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年根岸Sの傾向を調べてみました。

 

根岸Sはどんなレース?

昔々、横浜に根岸競馬場があったんですね。知りませんでした。

根岸ステークスは東京ダート1400mで行われるG3レースです。4歳以上の別定戦となっています。

2016年はモーニンが根岸Sを勝って、フェブラリーS(G1)を優勝しました。

ローテーション的にもフェブラリーSのステップレースとして使われる重要なレースとなっております。

1400mに固定されたのは2001年から。

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場のダート1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.07

 

根岸Sの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
先行 2 4 3 31 5.0% 15.0% 22.5%
差し 5 3 3 47 8.6% 13.8% 19.0%
追込 3 2 4 40 6.1% 10.2% 18.4%

差し・追い込みタイプが優勢なレースとなっています。

1400mダート(良)で上り3Fが35秒前半を出せるような末脚がしっかりした馬を狙いたいですね。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝ちタイム 前半-後半3F 勝馬上がり 1着 2着
2016 1:22.0 34.6-35.6 35.4
2015 1:23.4 35.3-35.8 34.9
2014 1:23.4 35.3-36.1 35.3
2013 1:23.7 35.7-35.7 34.6
2012 1:23.5 35.3-36.1 34.9
2011 1:23.0 35.2-35.7 35
2010 1:23.7 35.6-36.3 35.5
2009 1:22.1 34.1-35.9 35.6
2008 1:22.7 34.3-36.4 35.6
2007 1:23.5 34.2-37.6 36.1

近年のラップタイムと4コーナー位置は以下のとおりです。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年 稍重

12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.8 – 11.9 – 11.5 – 12.2

4コーナー (*12,9)(1,2,15)-8,4,11,5,16(10,13)14-(3,7)-6

2015年 重

12.7 – 10.8 – 11.8 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 12.0

4コーナー 10(16,4)(2,1,12)(3,9)14(6,11)(5,7,8)13,15

2014年 良

12.6 – 11.1 – 11.6 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 12.4

4コーナー (*4,8)13(1,3,15)9,16(2,12)6(5,10,11)7,14

 

年齢の傾向は?

年齢 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
4歳 2 1 1 13 11.8% 17.6% 23.5%
5歳 3 5 2 23 9.10% 24.2% 30.3%
6歳 4 3 1 35 9.30% 16.3% 18.6%
7歳 1 0 1 27 3.40% 3.40% 6.90%
8歳~ 0 1 5 32 0.00% 2.60% 15.8%

5歳>4歳>6歳の順で注目したいですね。

好走傾向の5歳は2014~2016年まで凡走を続けており、そろそろ好走してもよい頃かと思います。

4歳は出走数が少ない割に活躍しています。

高齢馬も活躍する傾向があります。去年の秋ごろから現在までに好走実績があるようなら、まだチャンスはあります。

1400mに固定された2001年以降、牝馬は一度も勝っていません。

 

過去実績の傾向は?

過去10年の根岸Sの1着~3着のすべての馬に下記の実績がありました。
「前2走どちらかのレースで3着以内の実績」、または、「前4走以内でダート重賞連対実績」
ということで、この条件を満たしていない馬は消し候補。

 

さらに、過去10年の根岸Sの連対馬すべてに下記の実績がありました。

「前2走以内でどちらかのレースで勝った実績」、または、「前5走以内にダート1600m以内重賞勝ち実績」

 

脚質が差し・追い込みタイプが優勢なレースなので、末脚がしっかりした馬は注目すべきかと思います。

ダート1400mあたりのレースでメンバー中、最速上りか2番目に速い上りを出して好走した馬は要注意です。(35秒台を出しているようならなお良し)

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

枠の影響はありません。傾向はみられませんでした。

 

人気の傾向は?

  • 1人気[3-3-0-4]
  • 2人気[1-1-0-8]
  • 3人気[0-1-1-8]
  • 4人気[3-0-1-6]
  • 5人気[1-2-2-5]

過去には11人気が2勝したり、2ケタ人気の突っ込みがあったりと波乱含みのレースとなっています。

1~5人気が連を外したことは過去10年で1度もないので、このあたりを軸に幅広く狙っていきたい。

 

馬体重の傾向は?

馬体重 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
440~459kg 1 0 0 3 25.0% 25.0% 25.0%
460~479kg 1 1 1 21 4.2% 8.30% 12.5%
480~499kg 2 2 0 30 5.9% 11.8% 11.8%
500~519kg 5 2 5 36 10.4% 14.6% 25.0%
520~539kg 1 5 3 35 2.3% 13.6% 20.5%
540kg~ 0 0 1 5 0% 0% 16.7%

大型馬が好走する傾向がみられます。

特に、500~519kgの範囲が最も活躍しています。

ただ、注意したいのは、この範囲で斤量58kg以上を背負った馬の成績は[0-0-2-7]となっており、狙いを下げたほうがよさそうです。

他の馬でも、ほぼ同じ傾向がみられるので、斤量58kg以上を背負った馬は軽視したいですね。

 

血統の傾向は?

 

特に目立った傾向はありませんでした。

サンデーサイレンス系がやや優勢かなというくらいです。

 

所属の傾向は?

 

関東の重賞なのに、1着~3着までほとんど関西馬が独占しています。

関東馬が来たのは、2010年の3着と2008年の1着のみ。

人気があっても関東馬は評価下げ。

 

根岸Sの傾向まとめ

◆「前2走どちらかのレースで3着以内の実績」、または、「前4走以内でダート重賞連対実績」が必要

該当しない馬⇒モンドクラッセ、グレープブランデー、ブライトラインは消し

◆「前2走以内でどちらかのレースで勝った実績」、または、「前5走以内にダート1600m以内重賞勝ち実績」があれば、なお良し

該当馬⇒ノボバカラ、ニシケンモノノフ、コーリンベリー、エイシンバッケン、ブルミラコロ、ベストマッチョ、ラストダンサー

◆差し・追い込みタイプが活躍

エイシンバッケン(OP1400mダート最速上がり35.2で2着)

カフジテイク(OP1400mダート最速上がり34.4で追い込み勝ち)

キングズガード(プロキオンSで最速上がり35.4で追い込み3着)

◆大型馬が活躍⇒エイシンバッケン、ニシケンモノノフ、ブルミラコロ、ノボバカラ、ブライトライン、モンドクラッセ、ベストウォーリア、グレイスフルリープ、グレープブランデー、コーリンベリー、タールタン

◆関東馬と地方馬は評価下げ⇒コーリンベリー、ノボバカラ、ベストマッチョ、モンドクラッセ、ラストダンサー、ラブバレット

◆斤量58kg以上は軽視⇒グレープブランデー、ベストウォーリア

 

根岸Sの注目馬は?

 

◎エイシンバッケン 5歳

好走条件を多く満たし、近走で安定した走りを見せている。

〇カフジテイク 5歳

重賞勝ちはありませんが、最速上がりを連発して好走する末脚が魅力。

 

▲キングズガード 6歳

2走前のグリーンCC(東京ダート1400m)を58kg背負って1.22.2の好タイムで2着という内容を評価。決め手鋭く逆転も。

△ニシケンモノノフ 6歳

差しタイプではないが、先行してしぶといタイプ。前残りの2着・3着なら可能性あり。

ラストダンサー 6歳

東京ダート1400mを2連勝するも先行しての勝利。勝ちタイム1.22.0が良かったのは評価したいが美浦所属で減点。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です