中山競馬場の芝2000mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中山芝2000mと言えば、皐月賞G1が行われるコースです。

コース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

中山芝2000mのコース特徴

 

・右回りコース。

・中山芝コースは内回りと外回りのコースがあり、芝2000mは内回りを使用します。

・4つのコーナーがあり、急カーブ(小回り)⇒器用さが必要

・全体的に高低差が激しく、ゴール前に急な上り坂があるタフなコース⇒スタミナも必要

・最後の直線が約310mと短い⇒「先行できるスピード」か「瞬発力に優れた差し」が必要

 

スピード、スタミナ、瞬発力、器用さ、など色々な能力が要求されるタフなコースです。

2014年9月の中山開催は改修工事のため中止。エアレーションを導入してクッション性が高くなったのと、水はけが良くなった。2014年12月以降の中山芝コースは以前とは違うので傾向は変わってくると思われます。
エアレーションとは、 地面(馬場)に穴を開けて、地中に空気を入れて芝の成長を促すのが目的。

中山芝2000mで開催される重賞レース

 

中山金杯・G3、京成杯・G3、弥生賞・G2、皐月賞G1、紫苑S・G3、ホープフルS・G2

 

血統

 

京都コースほどではないけど、ディープインパクト産駒に好走傾向あり!

他では、キングカメハメハ、ハーツクライ、ゼンノロブロイ産駒が、まずまずの活躍をみせている。

 

タイム

 

2011/01/01~2016/09/04までの平均タイム

年齢 クラス レース数 前半600m 中間800m 後半600m トータルタイム
2歳のみ
新馬 9 38.6 51.7 35.5 2.05.8
未勝利 18 36.4 50.8 36.1 2.03.3
500万 4 36 50.1 36 2.02.1
重賞・OP 6 36.1 49.8 35.8 2.01.7
3歳のみ
新馬 15 38.3 52.1 35.4 2.05.8
未勝利 45 36.3 50.2 35.9 2.02.4
500万 18 36.4 50 35.6 2.02.0
重賞・OP 18 35.5 49.1 35.5 2.00.1
3歳上
4歳上
500万 31 36.2 49.3 35.5 2.01.0
1000万 27 36.5 48.8 35.6 2.00.9
1600万 8 35.8 48.9 35.4 2.00.1
重賞・OP 8 36 48.6 35.1 1.59.7

 

スタートしてから最初の3ハロン(600m)は急な上り坂が続くのでペースは落ち着きやすくなっています。

3歳、古馬の500万~重賞までのクラスで前半と後半の600m(3ハロン)の平均タイムに、そんなに差はありません。

クラスごとに違いがあらわれるのは中間の800m(向こう正面の直線)のタイムです。

上位クラスになるほど中間のペースを落とさずに走るタフなレースになっています。

 

レコードタイム

 

2015/01/04中山金杯(G3)ラブリーデイが出した1:57.8がレコード。

このときの2着がロゴタイプだった。

 

スポンサーリンク

 

脚質

 

2011/01/01~2016/09/04までの脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 合計 勝率 連対率 複勝率
逃げ 29 24 22 200 275 10.60% 19.30% 27.30%
先行 113 122 86 611 932 12.10% 25.20% 34.40%
差し 81 79 110 1062 1332 6.10% 12.00% 20.30%
追込 25 23 31 1012 1091 2.30% 4.40% 7.20%

 

逃げ、先行が有利という傾向がみられます。

コーナーが4つあり、急カーブ(小回り)で、最後の直線が短いというコースの特徴が影響しています。

 

中山芝2000mコースまとめ

 

・スピード、スタミナ、瞬発力、器用さ、など色々な能力が要求されるタフなコース

・ディープインパクト産駒が大活躍!その他、キングカメハメハ、ハーツクライ、ゼンノロブロイ産駒も活躍

・スローか平均ペースというケースが多い

・逃げ、先行が有利

・上位クラスになると全体的にペースがゆるむところがなくなり持続力を問われるレースとなる

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.