京都競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

京都芝1800m
スポンサーリンク



京都芝1800mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

京都芝1800mのコース特徴

 

・外回り、右回りのコース。外回り1600mコースからスタート地点が200m伸びたコース。

・スタート後の直線は約911mと、かなり長い!

・3・4コーナーは緩やかなカーブとなっています

・全体的に平坦なコースだが、3コーナーに高低差4.3mの山があるのが最大の特徴

・ラスト800mから急な下り坂となっており、4コーナーは下りながら曲がることになる

・最後の直線は約404mあり、ラスト300mから緩やかな上り坂

・堅い決着が多く、実力を発揮できるコース

 

京都芝1800mで開催される重賞レース

 

きさらぎ賞・G3 3歳

OPレースだと、萩ステークス(2歳)、白百合S(3歳)、カシオペアS・都大路S(3歳以上)などがあります。

 

タイムの傾向

開催月によって変化があります。
4月・5月:平均より速い
1月・2月・11月:平均より遅い

・平均タイム

2011/01/01~2016/12/25(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 中間3F 後半3F
2歳
新馬 19 1.50.0 37.1 38.4 34.5
未勝利 24 1.48.5 35.8 37.4 35.3
OP 5 1.48.1 36.3 37.2 34.6
3歳
新馬 14 1.51.4 37.4 39.1 34.9
未勝利 55 1.48.4 35.4 37.5 35.5
500万 14 1.47.6 35.7 37.3 34.6
OP・重賞 10 1.47.2 35.7 37 34.5
3歳上
4歳上
500万 17 1.47.5 35.7 36.8 35
1000万 40 1.46.6 35.8 36.4 34.4
1600万 17 1.46.8 35.8 36.5 34.5
OP 9 1.45.8 35.2 36 34.6

芝1600mレースとは違い、前半からペースが落ち着き、スローペース傾向のレースとなりやすい。

ラスト800mから急な下り坂があり、この地点からペースが速くなり、上がり勝負のレースとなる。

下りならが3コーナーと4コーナーをまわるので外に膨れやすく、内側を突くことができる器用なタイプが好走しやすい。

3歳以上で500万以上のレースなら、前半と後半のペースラップにあまり差はありませんが、中間のペースに差がでます。

3歳以上のOPレースだと中間のペースもゆるむことなく流れるので、スピード力と持続的も要求されるレースとなります。

 

・3歳以上、500万クラスの平均ラップ

12.6-11.4-11.7 – 12.3-12.4-12.1 – 11.8-11.5-11.7

・3歳以上、OPクラスの平均ラップ

12.6-11.1-11.4 – 12.0-12.1-11.8 – 11.4-11.5-11.7

 

・コースレコード

◆2歳

2016/10/08 2歳未勝利 プラチナヴォイス(牡2)1:45.9

◆3歳以上

2014/05/17 都大路S(OP) グランデッツァ(牡5)1:43.9

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/12/25

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 31 25 25 189 11.5% 20.7% 30.0%
先行 118 109 98 645 12.2% 23.4% 33.5%
差し 87 102 101 948 7.00% 15.3% 23.4%
追込 35 33 47 1022 3.10% 6.00% 10.1%

ゴール前に急坂がないので、先行勢の脚がバッタリとまるようなことはなく、やはり逃げ・先行が活躍しています。

先行勢も良い脚を使うので、後ろから行く馬は、それを上回る強烈な末脚がないと勝てません。(実力差があるなら勝てる)

 

血統の傾向

圧倒的にディープインパクト産駒が活躍しています。

他は、どんぐりの背比べ。

 

騎手の傾向

京都コースでの騎乗回数が多く、しかも勝率・連対率ともに良い川田騎手。特に京都芝1800mは勝ち数も多く、勝率・連対率も安定して高い値を残しています。

京都芝1800mで川田騎手がディープインパクト産駒に騎乗してきたら警戒したいですね。

 

京都芝1800mコースまとめ

 

  • 外回り1600mコースからスタート地点が200m伸びたコース
  • 堅い決着が多く、実力を発揮できるコース
  • スローペース傾向で上がり勝負となりやすい
  • 逃げ・先行に好走傾向があり、後ろから行く馬なら、ある程度前のほうへポジションをとる必要あり
  • ディープインパクト産駒が得意としているコース
  • 川田騎手が得意としているコース
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.