中京競馬場の芝1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

中京芝1400m
スポンサーリンク



中京芝1400mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

中京芝1400mのコース特徴

 

・左回り

・高低差3.5mもあるタフなコース

・直線の坂の勾配は中山の2.24%(最大勾配)に次ぐ2%で、ゴール前に高低差2m越えの急坂がある

・カーブは緩やか

・向こう正面のラスト1100m地点から最後の直線ラスト300m地点まで下り坂が続く

・波乱含みのコース

 

中京芝1400mで開催される重賞レース

 

ファルコンS・G3 3歳

 

タイムの傾向

 

・平均タイム

2012/01/01~2016/12/11の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 後半3F
2歳限定
新馬 20 1.23.4 35.6 35.6
未勝利 12 1.22.9 34.9 35.9
500万 3 1.22.5 34.9 35.4
3歳限定
新馬 3 1.24.3 35.8 36.1
未勝利 24 1.22.6 34.7 35.9
500万 3 1.22.2 34.8 35.4
重賞 2 1.21.8 34 35.9
3歳上
4歳上
500万 38 1.21.9 34.6 35.4
1000万 11 1.21.8 34.6 35.4
1600万 5 1.21.1 34.2 35.1

主に未勝利や500万のレースが主体のコース。

上位クラスのレースはほとんどありません。

やや前傾ラップで、平均ペースの傾向となっています。

 

・コースレコード

 

2016/12/03 鳥羽特別(1000万下) エスティタート(牝3)1:19.8

 

この日の中京は超高速馬場となっていました。それにしても、急坂のあるコースで、このタイムは速い。

2016年の中京コースは全体的にレコードの塗り替えが多かったことを考えると、年々高速馬場へ変化しているとみてよさそうです。

中京コースに関しては、2012年改修後から2014年あたりまでの時計の掛かる馬場のデータは、あてにならないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2012/01/01~2016/12/11の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 19 21 10 119 11.20% 23.70% 29.60% 215
先行 53 55 45 472 8.50% 17.30% 24.50% 86
差し 70 71 83 923 6.10% 12.30% 19.50% 64
追込 27 22 31 744 3.30% 6.00% 9.70% 65

どの脚質にもチャンスがあるコースで、大きな偏りはありません。

馬券的には人気薄の逃げがおいしい。

 

血統の傾向

 

  • ディープインパクト[14 – 20 – 16 – 90]勝率:10%、単勝回収値:68
  • アドマイヤムーン[12 – 5 – 5 – 70]勝率:13%、単勝回収値:428
  • マンハッタンカフェ[9 – 6 – 7 – 52]勝率:12.2%、単勝回収値:109
  • クロフネ[7 – 1 – 3 – 50]勝率:11.5%、単勝回収値:309

 

人気ほどに活躍しないディープインパクト産駒よりも、アドマイヤムーン産駒のほうが勝率・単勝回収値も上回っています。

近年でも活躍をみせているマンハッタンカフェ、クロフネ産駒も注目したい。

 

騎手の傾向

とにかくM.デムーロが中京芝1200m~1600mに乗ってきたら買いです。

 

中京芝1400mコースまとめ

 

・最後の直線はほとんど上り坂で、勾配もきついタフなコース

・平均ペースの傾向

・どの脚質にもチャンスあり。おいしいのは逃げ残り

・アドマイヤムーン、マンハッタンカフェ、クロフネ産駒がおいしい

・M.デムーロねらいで!

・波乱含みのコース

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です