12月11日のWIN5予想!阪神JFで展開有利になりそうな馬は?

阪神JF予想
スポンサーリンク



先週12/4のチャンピオンズカップ(GI)絡み(サウンドトゥルー)のWIN5の結果は・・・

10⇒5⇒2⇒6⇒4人気

で 5,254,680円と、なかなかの配当でした。

12/11は2歳女王決定戦、阪神JF(G1)です!気まぐれ2歳牝馬の争いなら大波乱もあるかも!?

予想印 – – は当日に買い目を増やすかもしれないことを意味します。

 

第1戦 中京10R こうやまき賞

14:50発走 2歳・500万下 芝1600m 馬齢

中京競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.12.07

人気決着予想

 

◎ペルシアンナイト 1着

前走のアイビーステークス(OP)では、道中折り合いつかず惨敗してもおかしくない状況から、最後追い出すと一気に加速して、勝ったソウルスターリング(阪神JF出走馬)と同じ最速上りタイムを出した。持っている能力はこのメンバーなら一枚上。折り合いがつけば圧勝も。

 

第2戦 阪神10R 堺ステークス

15:00発走 3歳上・1600万下 ダ1800m 定量

阪神競馬場のダート1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.15

人気決着予想

人気になってもピットボスで。確実に先行できそうなメンツと中間の状態の良さ、騎乗はルメールで万全。

 

◎ピットボス 1着

 

第3戦 中山11R カペラステークス

15:20発走 3歳上・G3 ダ1200m 別定

カペラステークス2017の傾向は?好走条件に合う注目馬は?

2016.12.07

中波乱決着予想

まずは、展開予想から。

[逃げ] コーリンベリー

[先行] ノボバカラ、ダノングッド、ルックスザットキル、ニシケンモノノフ、カジキ、ゴーイングパワー、フラットライナーズ、グレープブランデー

[差し] タールタン、テムジン、スウィープアウェイ、キタサンミカヅキ、サトノタイガー、エイシンブルズアイ

[追い込み] マキャヴィティ

 

重賞レベルでも逃げれるスピードのあるコーリンベリーが単騎逃げとなる可能性が高いかと思う。

ただ、先行したい馬がそろった感じがします。

今回ノボバカラはガンガン前に行く構えをみせているし、コーリンベリーは逃げたいだろうから、自然とペースは速くなり、前半3Fは33秒を切るかも。

前に行く馬が楽な展開とはならないと思います。

狙いは、差し・追い込み。

初ダートでも、本命はエイシンブルズアイ。

中山芝1200mの重賞を勝っているように、スピードならメンバー中No1。

パワフルな走り方と血統的にダート向きだと思う。

芝地点スタートの外枠に入ったのもプラス材料。もしかしたら、予想している位置よりも前のほうで競馬ができるかも。そうなればエイシンブルズアイがまとめて差し切りそうです。

その他、末脚鋭いマキャヴィティまでおさえたい。中山ダート1200mで堅実に差して上位に来るキタサンミカヅキは当日の状態次第で追加。

予想した展開とは違い、ペースが速くならなければ当然コーリンベリーの逃げ切りが濃厚となります。

 

◎エイシンブルズアイ 8着

〇マキャヴィティ

– – キタサンミカヅキ

– – コーリンベリー

 

レース回顧

コーリンベリー敗因は初コースか?ノボバカラはつつまれないほうが気分よく走っている。

3着 コーリンベリー(松山弘平騎手)
「馬も元気でしたし、いいポジションで流れに乗れたかなと思いましたが、いつものキレがありませんでした。後ろの馬にも差されていますし、外枠で初めてのコースも影響したのかもしれません」

第4戦 中京11R 名古屋日刊スポーツ杯

15:30発走 3歳上・1000万下 芝2000m 定量

中京競馬場の芝2000mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.11.18

波乱決着予想

逃げ馬不在で、スローペースになりそう。

このメンバーならマイペースの単騎逃げができそうなビオラフォーエバーに期待したい。

決め手に欠けるメンバーが揃った今回は、実績のある中京芝2000mでスローに落とせば必勝でしょう。

 

◎ビオラフォーエバー 3着

 

スポンサーリンク

 

第5戦 阪神11R 阪神JF

15:40発走 2歳・G1 芝1600m 馬齢

過去10年のレース傾向を把握しておきましょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017の傾向は?好走条件に合う馬は?

2016.12.05

中波乱決着予想

まずは、展開予想から。

[逃げ] ショーウェイ、アリンナ

[先行] エムオービーナス、ポンポン、レーヌミノル、クインズサリナ

[差し] ブラックオニキス、ジューヌエコール、ゴールドケープ、ディーパワンサ、シグルーン、リスグラシュー、ソウルスターリング、ヴゼットジョリー

[追い込み] フェルトベルク、サトノアリシア、ジャストザマリン、スズカゼ

————————-
15  17  18  13
9  16  11  10  5  12
14  8  2  1 7  4  3  6⇒
————————-

ショーウェイ、アリンナが前半3F:35.0くらいのペースで逃げる展開を予想しています。

もし、エムオービーナスやポンポンまで絡んでくるようなら、前半3F:34秒前半の速いペースとなる可能性まであります。

レーヌミノルは出来るだけ抑えて行きたいはずで、中団あたりまで下げる可能性はありますが、馬が行きたがると予想。内でもまれて折り合いを欠く危険性はあるかと思います。

ソウルスターリングも中団キープなら内でもまれる可能性大です。少頭数の競馬しか経験がないのも不安材料です。思い切って最後方まで下げて外に持ち出す大技が炸裂しない限りパフォーマンスを落とすかもしれません。人気ほど実力は抜けていないとみて今回は軽視しました。

逆に、クインズサリナ、リスグラシュー、ヴゼットジョリーなどは外を気分よく走れそうな枠順がプラスに働きそう。

ある程度流れた展開で、きちんと折り合えて、決め手がしっかりしている馬を狙いたいと思います。

展開も加味して、候補としては、ジューヌエコール、ディーパワンサ、リスグラシュー、ヴゼットジョリーの4頭に絞りました。

調教内容も良かったリスグラシューを本命で。阪神コースで良い結果を出している点も大きい。

 

◎ 18 リスグラシュー 2着

– – 17 ヴゼットジョリー

– – 3 ディーパワンサ

– – 11 ジューヌエコール

 

阪神JFレース回顧

 

2015年に朝日杯FS(阪神芝1600m・良)を勝ったリオンディーズと2016年に阪神JF(阪神芝1600m・良)を勝ったソウルスターリングのタイム比較は以下のとおり。

リオンディーズ
1.34.4
12.5 – 10.8 – 11.4 – 12.6 – 12.7 – 11.9 – 10.8 – 11.7 (34.7-34.4)

ソウルスターリング
1.34.0
12.4 – 11.0 – 11.3 – 12.0 – 12.1 – 11.5 – 11.5 – 12.2 (34.7-35.7)
明らかに違うのは中間の2ハロンで、朝日杯FS(12.6 – 12.7)に対し阪神JF(12.0 – 12.1)と阪神JFのほうが持続力も要求される厳しい展開だった。

ソウルスターリングは3番手~4番手で追走して、上がり34.8を使って突き放したのだからすごい。

スローな展開で瞬発力勝負となっても強さを発揮できたし、どんな展開でも勝てるソウルスターリングに死角なし。

 

リスグラシューは出遅れが響いて2着。最後のすごい脚を見る限り、相当な能力を秘めていますね。

次回で巻き返しを狙いたいのはジューヌエコール。

11着 ジューヌエコール(M・バルザローナ騎手)
「だいぶひっかかりました。しかし、それなりにコントロールが利いていました。その後、内の馬に接触して、バランスを崩してしまいました。そこからハミを取り直すのは大変でした。スピードのある馬で、1200mから1400mがベストでしょうか」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.